🔰いまなら無料で株もらえる!初心者向け資産運用🔰

【20代】貯金100万あれば安心なのか?現金はいくらあっても不安です

貯金額、いくらあれば安心できるのか?を知りたい方へ

にぃに

パパ、貯金っていくらあったらいいの?

アリジ

そうだね。現金は少なくても大丈夫だよ!

やっぱり、貯金がないと将来不安だよね。

今回は、「お金はどんな風に貯めたらいいの?」、「そもそも貯金っていくらあったらいいの?」っという疑問に答えていこうと思います。

この記事で分かること

・いくら貯金したら良いのかわかる
・貯金よりも大事なことがわかる

日本人は現金が大好きなので、なんとなく現金で貯金していないと不安になってしまいます。
ですが、現金にもリスクがあるので、絶対的に安全だとは言えません。

僕は以前、現金で貯金することが当たり前になってました。
…が、お金のことを学ぶと、貯金よりも魅力的なものがあることに気づいたので紹介します。



「貯金すれば安心!」っという考えはもう古いです。

結論:現金貯金は、3ヶ月間生活できる分あればいい

現金貯金は少なくても大丈夫

ぶちゃっけ、現金は少なくても大丈夫です。
僕なら、3ヶ月分の生活費を現金で貯金して、あとはフル投資します。

現金にもリスクがある

「現金は安心だ」っと思っているかもしれませんが、そうではありません。インフラリスクというものが付いてきます。

インフラリスクとは、時代が進み物価が上がると、現金の価値が下がってしまうというもの。

明治では、2000円あったら一等地の土地が買えたそうですね。でも、現代の2000円の価値はそれほど高くはありません。

僕たちの祖先がいくらお金持ちで、2000円を現金として残してもらっても、残念ながらお金持ちとはなりませんね。

それだったら、一等地の土地をもらった方がお得。(※面倒なので相続税のことは省きます。)


現金は安定的ですが、時には安定が不利になるときがあることを知っておきましょう。

貯金は3ヶ月分の生活費あればOK

正直インフラリスクを知ったときは、
「現金って少ない方がいいじゃん!」っと思ちゃいました。
それより、「金とか土地とか物にしていた方が安全だな」って!

なので、現金は少なめで良いとい思います


僕の考えは3ヶ月分の生活費があれば十分です。もし収入がなくなったとしても、3ヶ月もてば復活できますからね。

そういった意味で、貯金は生活費の3ヶ月分でいいです。
残りはインフラと共に価値が増えるものに変えたほうが良いです。

ただし、注意点があります

収入がなくなったら、最悪バイトでもして復活する!
なので、貯金は少なめでいいよ!


っといっても、条件があるので紹介しておきます。

  • 毎月貯金できていること
  • 生活が安定していること
  • 近々大きな出費がないこと
  • いつでも現金に変えられる物にすること

上記が貯金が少なめでもいい条件です。

毎月貯金できていること

やっぱり毎月貯金できない経済状況で、やっても安定しないのでオススメしません。

まずは、マネーセンスを磨いて、余裕のある生活を目指した方が効果的!

生活が安定していること

もし借金があるのなら、そっちを片付けることに専念した方が良いですね。

他にも、収入と出費が安定していないのなら、まずはそっちを見直した方が効果あります。

近々大きな出費がないこと

近々、結婚をするとか子供が入学するとかなら、当然やめた方がいいですね。

大きな出費がない時期をみて、やっていきましょう。

いつでも現金に変えられる物にすること

万が一現金が足りなくなったときのために、
すぐに現金に変えられる物に変えていた方が安心ですね。

具体的には、金や土地などの現物の資産。金融なら中途換金できるものを選びましょう。

現金貯金より「稼ぐ力」と「増やす力」を身につける方が効果的

それでもお金があるから「金融投資」に走るのはあまりオススメしません。

最初は自己投資に投資して稼ぐ力を養うこと、小さくお金を使って増えるお金の使い方を知る方が効果的です。


「日本円での貯金は増えない」から、、、

「投資で増やそう!」と思っても、お金持っていない人がやっても、あまり増えません。


っというのは、リスクを抑えて運用するなら年利3〜5%が良いところ。
つまり、100万円を1年運用してよくて105万円です。

5万円はちょっと少ないよね。

だったら、「稼ぐこと」と「増やすこと」が身に付く、自己投資にお金を使った方が効率良いです。

「専門性」を極めたら稼げる  

具体的に稼ぐには、「専門性」を極められたらOKです。
なので、あなたオンリーの専門性を磨くことにお金を使ってください。

スキル、知識を増やせば仕事が見つけやすい時代なので、専門性を身につけられる行動にお金を使っていきましょう。

投資なら「債権」と「インデックス投資」がオススメ

もし、金融投資をするのであれば、債券とインデックスファンド系投資なら比較的に安全です。

債権とは、国や会社がお金を貸して欲しい時に使うもの。ある期間お金を貸す代わりに、手数料をもらうやり方です。

インデックス投資とは、社会全体に投資するやり方。なので、個別に株を買うよりかは、安定して増えやすいです。

その他にも、お金に関する本を読むこともオススメです。「金融はなんか怖いな…」って思う方は、読書から始めてもいいですね。

僕も、「稼ぐ力」と「増やす力」を増やします。

ということで、貯金よりも自己投資をオススメします。

収入に直結する学びをした方が、現金を眠らせているより効果的です。

なおさら、貯金が少ないなら「稼ぐ力」と「増やす力」を身につけた方がいいですね。
がんばりましょう!

人気記事 あなたが貯金できない最大の理由【これで100万貯めれます】

人気記事 【厳選】貯金用口座のおすすめはこれ!お金持ちがやっている賢い方法